当ブログでは広告を使用しております。

FIIO製品のネーミングルールに関する解説

Fiioの新ネーミングルールを解説!v2

本記事では広告を使用しております。

2022年に登場したFH15から、FIIO製品のネーミングルールが変わっています。WeiboやX上でもまだ浸透し切ってないために、FIIO公式からWeibo上に改めて解説が出ていました。そこで当ブログでも日本語に意訳し、さらに補足を加えて解説していきます。ぜひブックマークしてご活用ください。

54736422f5162b672fdaf2a9e8898a16
広告

FIIO製品の新たなネーミングルール

まずは例となる下記画像をご覧ください。

FIIOネーミングルール

①型番の前に位置するアルファベット(例:「F」や「J」)

まずこのアルファベットは上の例図の通り、必ずしも表示されるものではありません。この型番の前に位置するアルファベットは製品のシリーズを表しています。「F」が先頭の場合、FIIOブランドの製品です。「J」が先頭の場合、サブブランドであるJADEAUDIOブランドの製品です。

②型番の頭文字のアルファベット(例:「M」や「BTR」など)

型番の頭文字のアルファベットは製品のカテゴリーを指し、1〜4文字のアルファベットの文字列で構成されています。1文字のアルファベットによるカテゴリーは次の通りです。

  • M=ポータブルのデジタルオーディオプレイヤー(DAP)
  • R=デスクトッププレイヤー
  • K=デスクトップDAC/アンプ
  • Q=ポータブルDAC/アンプ

2文字のアルファベットによるカテゴリー

  • KA=ドングル型DAC、スマートホン向けのDAC/アンプ
  • FW=完全ワイヤレスイヤホン(TWS)
  • SP=アクティブスピーカー
  • FT=ヘッドホン
  • FF=イントラコンカ
  • FA=バランスドアマーチュア(BA)のみで構成されるイヤホン
  • FD=ダイナミックドライバー(DD)のみで構成されるイヤホン
  • FH=BAとDDのハイブリッドで構成されるイヤホン
  • FX=BAとDD、さらに静電(EST)ドライバーで構成されるイヤホン

3文字のアルファベットによるカテゴリー

  • BTR=Bluetooth DAC/アンプ
  • BTA=Bluetoothを送受信可能な複合機

4文字のアルファベットによるカテゴリー

  • UTWS=TWSアダプター

③2桁目の数字

これは上記の例図で言うと「M27PRO」の二桁目の数字である「2」を指します。この数字は製品の世代を表します。数字をそのままに「1」は第1世代を表し、「2」は第2世代、「3」は第3世代と続きます。ただしネーミングルール変更以前では表示がないものがあり、実質的に「1」が第2世代を表す場合があります。例えば現在、「FD11」が最も新しいですが、この前世代の製品として「FD1」があります。また発売が予定されている「BTR15」も「BTR5」の後継機で「15」の「1」は新たな世代を表しています。このように従来のFIIO製品の型番では2桁目の数字がない製品が多かったことから、新しいネーミングルールが混乱する原因となっています。今後、新たに発売される製品の型番は基本的に2桁目の数字を持っていますので、それを新たな世代の製品と理解するとわかりやすいです。また原則、次の④で説明する1桁目の数字が製品のグレードを表し、2桁で構成するグレードは現時点で存在しないことを理解する必要があります。

ちなみに2023年に「M23」の発売が予定されていて、このM23はM11 Plusの後継機となります。M11シリーズはM11、M11PRO、M11 Plusと3機種あり、M11の上位機がM11PRO、さらに上位機がM11 Plusとなっていました。そして新ネーミングルールのもとではM11の次世代機は「M11S」で、M11 Plusの次世代機は「M23」とグレードに当たる数字が区別されることになるようです。

④1桁目の数字(例:1、3、5、7、9)

上の例図で言うと「M27PRO」の二桁目の数字である「7」を指します。この数字は製品のグレード(等級)を表します。この数字は1、3、5、7、9で構成され、数字が大きいほど価格が高いです。なお、一般的にFIIO製品では偶数のモデルは採用していません。

⑤語尾のアルファベット(例:「K」、「PRO」など)

上の例図で言うと「M27PRO」の「PRO」の部分を指します。同じグレード(等級)の製品で、位置付けを区別した製品を表します。最近の製品だとK7にBluetoothを搭載したモデル「K7BT」がわかりやすい例になります。その他に有名な製品では「K9PRO」があります。この「PRO」は「K9」より上位の位置付けであることを表しています。このように語尾のアルファベットによって、意味合いも異なってきます。

▼新ネーミングルールが適用される2023年新製品情報
FIIO 新製品情報・スケジュール

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事