当ブログでは広告を使用しております。

FIIO R9 最新情報 ~新たなフラグシップモデル

R9情報アイキャッチ

本記事では広告を使用しております。

FIIO R9の告知が中国Weiboで開始されました。この記事ではその内容を意訳してお届けします。本ブログでは注文も完了していて、届きましたらまたレビューをしていく予定です。

tipsFIIO R9はR7の上位モデルであり、新たなフラグシップモデルです。FIIOのRシリーズはデスクトップ性能のDAC/アンプ、DAP同等のAndoridを搭載するデスクトップ機のオールインワンモデルです。R9ではESS9038PRO+THX AAA 788+のフラグシップ構成で、構成上はM17と同じであるものの、その発売以降も含めた、これまで培ったFIIOの全技術が投入されてたフラグシップとなっています。
FIIO R9
PR
広告

FIIO R9発売日・価格

発売日:2023年12月27日 価格:9999元(日本円換算で約20万円)

Weiboの告知では中国発売が12月27日となっていたものの、その後、X上では1月中旬との告知がありました。そのため現時点でどのような販売となるかは不明です。過去FIIOのスピーカーSP3では中国で小ロットで販売を開始したのち、グローバル販売は1ヶ月以上遅れて販売を開始ということもあったため、今回も同じ販売手法を取る可能性があります。価格は年初の予定通り9999元で、日本円換算で約20万円となりました。そのため日本ではM17同様の25~30万円のレンジとなると予想しています。なお、日本の発売日は不明です。

FIIO R9スペック等

現時点で公開されている内容となります。判明していないスペックは空欄にしています。

モデルR9R7
発売日中国:2023/12/272023/2/3
中国:2023/1/12
価格9999元4999元
重量約2271g約1281g
本体サイズ160*115*127mm160*110*134mm
ディスプレイ6インチ
(1080*2160)
4.97インチ
(720*1280)
DACチップESS9038PRO*2ESS9068AS*1
アンプ回路THX AAA 788+THX AAA 788+
CPUSnapdragon660Snapdragon660
OSAndroid10
(2024年Android12アプデ予定)
Android10
メモリ4GB4GB
内部ストレージ64GB(使用可能46GB)64GB(使用可能46GB)
外部ストレージ最大2TB最大2TB
USBチップXMOS XU316
最大サンプルレート768k/32bit/DSD512768k/32bit/DSD512
デジタル
インターフェース
USB C(3.0)/USB A
OPT/COAX(IN・OUT)
LAN
HDMI IN
HDMA out(ARC対応)
USB C(3.0)/USB A
OPT/COAX(IN・OUT)
LAN
アナログ
インターフェース
6.35/4.4/4Pin XLR
RCA/XLR *2
6.35/4.4/4Pin XLR
RCA/XLR *2
最大出力7300mW@32Ω3200mW@32Ω
S/N比≧-126dB≧-124dB
ノイズフロアLO≦1.4μV/PO≦4μV
BAL LO≦1.9μV/PO≦7μV
LO≦2.2μV/PO≦4μV
BAL LO≦2.5μV/PO≦7.5μV
THD+N≦0.0002%≦0.0005%
出力インピーダンス<0.6Ω<0.5Ω
BTチップQCC5125
BTバージョン5.15.0
BTコーデック受信:SBC、AAC、aptX
aptX HD、aptX Adaptive

LDAC、LHDC
送信:受信と同じ
受信:SBC、AAC、LDAC
送信:SBC、AAC、aptX
aptX HD、LDAC、LHDC
その他GND/LIFT切替
DC/AC切替
ROON Ready
Airplay
DC/AC切替
ROON Ready
Airplay

R9外寸イメージ

R9 外寸

R9のインターフェース画像

引用元:AudioTOP(Weiboアカウント)

USB Aの位置が変更になっています。また電源のGNDスイッチが追加されています。PL50に電源供給は可能とのことでした。ただしR9から出力するデジタル接続機器によっては電源供給が足りなくなる可能性があるようです。

R9インターフェース
R9背面インターフェース

FIIO R9特長など製品概要

Img 1466

FIIO R9はフラッグシップモデルとして長年の磨きをかけ、構成も性能もアップグレードしました。

  1. 8チャンネルDAC ES9038PROのデュアル構成は、M17を含む4つのハイエンドモデルの研究開発の蓄積と改善を経て、パフォーマンス指標が包括的に改善
  2. 新世代のTHX AAA 788+、高電圧電源 + 並列駆動の新アーキテクチャ、効率的な放熱
  3. 32Ωの出力電力は7300mWと高く、300Ω出力の電圧振幅はピークツーピーク51Vであり、ヘッドフォンの駆動の適応性を大幅に拡大
Ab53500c5d2b34e3f8aae2dfd25632e1

FIIO R9は全てのプロセスでHiFiオーディオアーキテクチャ、5段階のハイブリッドゲインを搭載し、ラグジュアリーなオーディオパーツを採用し、高性能を発揮しています。

  1. 完全なIV、LPF、利得、前段増幅、拡散ストリームの全プロセスにHiFiオーディオアーキテクチャを採用
  2. 可変電圧+可変利得の5段階ゲイン、それぞれ対応する3種類のボリュームカーブ
  3. 選りすぐりのTIハイエンドアンプOPA2211は高精度、低ノイズ
974fbebce3288b7c42550aa7289a322d

FIIO R9は内部電源、デジタル、DAC変換、イヤーアンプはそれぞれ4つのPCBモジュールで設計しました。これにより4つの回路を独立させ、相互のクロストークを回避し、信号処理の精度とパフォーマンスを効果的に保証することができます。さらにFIIO R9の内部には、詳細なオーディオ電源回路が設計されています。

  1. .DC/ACデュアル電源、カスタマイズされた低ノイズ、長寿命HiFiクラスのスイッチング電源
  2. デジタルとアナログを分離して独立して電力を供給し、電力の分離と遮蔽の効果をより良くする
  3. アナログ、DA変換、LPF、前段処理、アンプなどの細かく分割した電力供給システム、各段には精密LDOを採用し、クリーンな電源を安定して提供し続ける
  4. GNDリフト機能は製品間の相互クロストークを減らすことができる設計
1a1e8fca8ca966b9993f4894f30e023a

FIIO R9は、オーディオ業界トップクラスのコンポーネントを搭載しています。

  1. 日本ELNAオーディオ専用電解コンデンサ
  2. Panasonic製の12基電解コンデンサー+70基の高精度抵抗、動作時の温度変化の影響を受けにくい
  3. 内部配線の5組の銀メッキOFCケーブルは、信号伝送の忠実度と低損失を保証
  4. リアのXLRはNeutrik製の金メッキプラグで、チューリップ型の端子設計、酸化を防止し、対抜き差しの耐久性、精度で信頼性があり、安定した接続を保証
Img 1470

FIIO R9は、6インチ(解像度2160*1080)の縦型スクリーンを搭載しています。画面サイズが大きくなったことで、視認性・操作性が向上し、画面の色や明るさなどの総合的な品質が向上しています。またオープンOSであるAndroidにより、R9はスマートホンのように使いやすく、各アプリケーションをフル活用することができます。Androidバージョンは2024年第1四半期にOTA方式でAndroid12へのアップデートを予定しています。

Img 1471

FIIO R9は、アナログ部のHiFiオーディオアーキテクチャの採用だけでなく、デジタル信号処理も同様にグローバルHDレベルに達しています

  1. Qualcomm Snapdragon 660、カスタマイズされたAndroidのオープンシステムで操作は滑らか
  2. XMOS 16コアのXU316は高性能、低遅延、最大で768kHz/32bit、DSD512をサポート
  3. Qualcomm QCC5125を搭載し、Bluetoothバージョンは5.1で、BT受信時もLDAC/aptX Adaptive/aptX LL/aptX HD/aptX/AAC/SBCのコーデックをサポート
  4. FIIO独自の第4世代FPGAによるPLL技術+2つ高精度水晶発振器
  5. 独立したHDMIチップセットで、HDMI出力にはMIPIトランスHDMIのチップを1基、HDMIデコードとHDMI ARCには別のチップを採用
Img 1473

FIIO R9は10種類のモードを搭載し、新たにHDMIデコードとHDMI ARCのモードが追加されました。さらに様々な拡張が可能です。

  1. 2つのUSBポートによりUSBハブ/USB ストレージ/外付けDAC/キーボードなどのデバイスへのアクセスが可能です。USBポートは最大1.5A出力
  2. 光/同軸/USB出力インターフェイスを介して他のデコーダーにさらに拡張接続することもできます
  3. 2組のRCAライン出力、1組のXLRバランスライン出力インターフェイスにより複数のパワーアンプまたはアクティブスピーカーを同時に接続することができます
  4. ストリーミング:Androidストリーミングアプリでのストリーミングを再生、ROON Ready/AirPlay/DLNAでストリーミングを受信、UPNP/SMB/WEBDEVなどでLAN/クラウドサーバーの曲を再生することが可能です
  5. 4段階の出力モードとデュアル操作ノブによりヘッドフォン/スピーカーを簡単に切り替えられます。
Img 1474

FIIO R9とR7は同じ製品ラインの製品に属していることから外観には大きな違いがありません。しかし、確実にアップグレードされており、主な向上点は次のとおり

  1. さらに大きなスクリーンにより操作体験を向上
  2. より重いボディ、より良い放熱効果
  3. もっとテクノロジー感のあるRGB
  4. 独立したXMOS USBデコードとQCC BTデコードを搭載
  5. 新たにHDMIデコード、HDMI出力、HDMI ARC機能を追加し、使⽤シーンが拡大
  6. トップレベルのDAC構成、デュアルES9038PROと⾼電圧電源の並列のTHX AAAアンプ
  7. .精密化された調整ですべてが⾼いレベルのもので表現されていることを保証

以上です。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事