当ブログでは広告を使用しております。

FiiO BTR7 ショートレビュー

Btr7 ショートレビュー

本記事では広告を使用しております。

これまで購入したFiiO製品のレビューです。簡単なレビューとなります。

製品ページ https://www.fiio.jp/products/BTR7/
製品種別:Bluetoothレシーバー/DACアンプ
DACチップ:ES9219C(左右独立+THX AAA-28デュアル構成)
BTR7 v2

  • 音の傾向はKA3にとても似ています。中高音域のクリアさや解像度の高さが特徴的です。
  • KA3と比べるとアタック感、一音一音の出力があってキレが増しています。この辺りは今回の目玉であるTHX AAAのアンプ回路搭載が大きく影響していると思います。
  • 音楽のストリーミング再生という機能をスマートフォンに委ねることで、DAPのAndroidや音楽再生機能を省いたのが、まさにBTR7で、FiiOの一つの答えだと感じました。
  • 他方で日本では3.5万円前後の価格となっていて、競合となる製品も多いです。個人的にはBTモードでは、接続の安定性やバッテリー持続時間、音質ともに3.5万円では、2万円台のドングル型より劣っていると感じています。
  • そのため予算を背伸びしてまでBTR7を選ぶよりも、KA5を選択する方が満足度が高いと思います。
  • ドングル型DACとして有線で使うことを前提に、ワイヤレスでも使えるというように1台で2役をこなすことができるBTドングル型DACとして捉えるとギャップが少ない製品です。
最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事