当ブログでは広告を使用しております。

FiiO Q3 ショートレビュー

Q3 ショートレビュー

これまで購入したFiiO製品のレビューです。簡単なレビューとなります。

製品ページ https://www.fiio.jp/products/q3/
製品種別:DAC/ポータブルヘッドホンアンプ *生産終了品の無印版
DACチップ:AK4462(+THX AAAアンプ回路)
Q3

  • 定位感の優れたDAC/ポータブルヘッドホンアンプです。
  • 一つ一つの音がはっきり、くっきりと聞こえるようになります。今まで解像度が高いと思っていたのですが、もちろん解像度も高いものの、定位感が優れていることによってよりくっきりと聴こえることがわかりました。例えるなら5万円〜7万円クラスのイヤホン並みの定位感を実現します。
  • 同じTHX AAAアンプ搭載のBTR7はキレが目立ちましたが、こちらはそれよりは若干ウォームよりの音です。そしてキレというよりも定位感を優位に感じました。
  • FiiO製品の中ではBTR7のBluetoothレシーバー機能が不要ならば、このQ3がおすすめです。Q3には2021版、MQA版があります。2021年版の違いは付属ケーブルのみです。MQA版はDACチップがAK4452に変更され、MQA版はその名の通り、MQAフルデコードに対応しています。
  • MQA版とQ3無印/2021の音質における差はほとんどありません。そのためMQAデコードが不要ならばQ3無印の中古で最安値となります。
  • またQ3では3.5/4.4/2.5mmと全てのヘッドホン端子を搭載しており、さらに3.5mmラインインした音を4.4mm/2.5mmバランス端子から出力することが可能です。
  • 幅広く活躍ができてかつ、DAC性能も高いにも関わらず、中古を1万円前後で手に入るDAC/ポタアンとしてはかなりコスパの優れた製品です。
最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

本記事では広告を使用しております。

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事