当ブログでは広告を使用しております。

[PR]THIEAUDIO Ghost ヘッドホンレビュー

Ghost V2

本記事はLINSOUL AUDIO様よりイヤホンをご提供いただき作成しております。今回ご紹介するのTHIEAUDIO Ghostのレビューです。事前に調べて本記事を作成していますが、間違った点等ありましたらご指摘頂けますと幸いです。

このTHIEAUDIO Ghostは激推しのヘッドホンとなりそうです。THIEAUDIOのヘッドホンとしてはこれまで初代モデルのPhantom(2019年)、Wraith(2022年)を発売されており、私個人として初めて買ったハイエンドヘッドホンがWraithになります。ヘッドホンにはあまり興味がありませんでしたが、Wraithでヘッドホンの魅力を初めて実感しました。そのWraithのレビューはこちらの記事をご覧ください。ただこのWraithの難点はイヤホン派の私にとっては重すぎて、ヘッドホンに慣れていないと使うのが億劫になってしまい、サウンドは好きだけど使わない、というジレンマがありました。

そこで今回新たに発売されたTHIEAUDIO Ghostがなぜ激推しなのか?という理由になります。このGhostはとにかく軽いです。重さは約270g(ケーブルなし)です。さらにこの軽さでWraithのサウンドシグニチャーをしっかり引き継いでいます。もちろん平面駆動ではなく、ダイナミックドライバーなので全く同じというわけにはいきませんが、近いサウンドシグニチャーを持っています。THIEAUDIO Ghostを最初に聴いたときにWraithのときにあった感動がぶわっと蘇りました。そのためWraithが好きだけど、手ごろで、軽くて使いやすいヘッドホンが欲しい、イヤホン派だけどヘッドホンも使ってみたい / デビューしてみたいという方にはとにかくおすすめです。

THIEAUDIO Ghost 販売ページ:Amazon

Ghost 外箱

本記事ではGhostの概要とそのレビューを書いていきます。まず結論を先に書いていきます。付属ケーブルで聴いたあと、高純度のOFCケーブルにリケーブルしています。

Pros
・約270gと軽い本体
・3.5mm両出しでリケーブルがしやすい
・Wraithのトーンバランスを引き継ぐ
・濃厚で生々しいミッド(ボーカル)
・優れた分解能(低域除く)
・弾力のある低音、リズミカルなサウンド

Cons
・やや側圧が強め
・付属ケーブルの質が低い
・Wraithに比べると音が硬い
・Wraithに比べると高域に天井を感じる
・ソリッドな高域
・低音がやや浅い
・スピード感、疾走感がややない

はじめに:LINSOUL AUDIOについて

LINSOUL AUDIOは2016年に設立されたオーディオ製品のセレクトショップです。オーディオを愛する人・コミュニティにハイレベルなサービスを提供することを目的としています。そしてオリジナルブランドとしてTHIEAUDIOを持っています。THIEAUDIOとしてはLegacyシリーズやElixirといった手頃な価格のイヤホンからOracle、Monarch、V16といったハイエンドイヤホンをリリースしています。またヘッドホンでは2019年に初代の平面駆動を搭載したPhantomをリリースし、2022年には同じく平面駆動型のWraithをリリースしていました。

LINSOUL ホームページ

THIEAUDIO Ghostの概要

Ghost 宣材

THIEAUDIOのヘッドホンとしては、これまで初代モデルのPhantom(2019年)、Wraith(2022年)を発売されていて、Ghostは3世代目のヘッドホンとなります。いずれのネーミングも幽霊や生き霊といった形のないものが表されていますね。Linsoulに由来を質問してみていますので回答があれば更新します。そしてGhostはTHIEAUDIO初のダイナミックドライバー型のヘッドホンとなります。これまでのPhantom、Wraithのいずれも平面駆動型のヘッドホンでした。Ghostでは40mmのN52ネオジムとサファイヤ複合のダイナミックドライバーを搭載し、開放型となっています。開放型という点は過去2つの製品と同じです。なお、Amazonの製品説明に折りたたみ可能とありますが、折りたたみはできません。

THIEAUDIO Ghost 販売ページ:Amazon

THIEAUDIO Ghostの同梱物

Ghost 同梱物
THIEAUDIO Ghostの同梱物

THIEAUDIO Ghostの同梱物はヘッドホン本体、ケーブル、説明書、キャリングケースでした。キャリングケースはWraithのときはなかったので、今回は本体の軽さもあり、持ち出すことを想定されたヘッドホンということだと思います。

付属品のケーブルについてです。

Ghost プラグ
THIEAUDIO Ghostのケーブル

THIEAUDIO Ghostのケーブルは全長1.2mの銀メッキ銅線で4芯です。この4芯ケーブルは編み込みはなく、スピーカーケーブルのように並列にくっついた平たいケーブルとなっています。ヘッドホン側は3.5mm 3極の両出しです。ヘッドホン側のピンアサインをテスターで調べたところ、1極目にそれぞれLとRの+が割り当てられており、2極目、3極目はGNDとしてショートしていました。Wraithのヘッドホン側は2.5mmの両出しだったためリケーブルが難しかったですが、今回のGhostは3.5mm両出しで、ピンアサインも特殊なものでないためリケーブルがしやすくなっています。またTHIEAUDIO GhostのプラグはWraithの4.4mmプラグと異なり、3.5mm 3極のアンバランス接続ですのでバランスに対応したDAPやDACは不要です。また6.35mm変換アダプターも付属しています。

THIEAUDIO Ghostのデザイン、装着感レビュー

最初にハウジングです。

Ghost ハウジング
THIEAUDIO Ghostのハウジング

THIEAUDIO Ghostは軽いという点を最初に特徴として挙げました。THIEAUDIO Ghostのハウジングは開放型で剛性のある軽い素材が使われています。これはプラスチックではなく、アルミやカーボン素材のように見受けられます。軽い素材ですが、安っぽさはなく、上品なゴールドで縁どられ、シンプルでラグジュアリーなデザインです。

次にヘッドバンドです。

Ghost ヘッドバンド
THIEAUDIO Ghost ヘッドバンド

THIEAUDIO Ghostのヘッドバンドは非常にスムースな手触りのレザーとなっています。本体の軽さも手伝って、長時間の使用でも頭のてっぺんが痛くなることはありません。

最後にイヤークッションです。

Ghost イヤークッション
THIEAUDIO Ghostのイヤークッション

THIEAUDIO Ghostのイヤークッションはベロア素材のカバーが使われています。クッションの穴には耳がすっぽり収まるサイズ感で、深さも十分にあるため装着感がとても良いです。ハウジングに耳が当たることはなさそうです。デザイン面はハウジングとの繋ぎ目にヘッドバンドと同じレザーが使われており、高級感のあるデザインになっています。

THIEAUDIO Ghostの装着感は270gの軽さによって長時間つけていても疲れをほとんど感じません。イヤホン派の私でもGhostが届いてから、冬の寒さも手伝って1週間ほど毎日ずっと使っていました。それでも痛くなったり、首が疲れたりすることが一切なく、快適に音楽を聴くことができました。

THIEAUDIO Ghostのサウンドレビュー

再生環境:FiiO K7 and Luxury&Precision W2-131 / ケーブルは付属 and アップグレードOFC / リファレンス曲は国内中心に10曲程度

Ghost サムネイル v2

装着感のレビューのとおり、届いてから1週間ほど毎日使っていたため、すでに50時間程度はエージングができています。まずTHIEAUDIO Ghostのファーストインプレッションで、THIEAUDIO Wraithを初めて聴いたときの感動が蘇りました。これはキラキラしたボーカル、透き通ったサウンドです。ボーカルが生々しく、そしてすーっと伸びていく感覚はまさにWraithでも感じた特徴です。私はこの時点でTHIEAUDIO Ghostにも惚れてしまい、むしろWraithよりも軽くて、長時間つけていても疲れないことから、THIEAUDIO Ghostの方が好きになってしまいました。こういう背景もあり、届いてから1週間ずっと聴き続けています。イヤホン派の私はWraithが好きといっても、どうしても重く、大きいヘッドホンをつけるのが億劫になり、1−2週間に一度使うかどうかでしたが、このTHIEAUDIO Ghostは軽くて、コンパクトなので机に置いておいて、すぐに聴くことができる点も良いです。

次に50時間使い続けたレビューです。初めの「ボーカルが生々しく、そしてすーっと伸びていく感覚」は残っています。ミッド〜ハイによりのサウンドで、濃厚で生々しいミッドがボーカルを引き立て、特に女性ボーカルとの相性は最高です。もう一つの特徴が優れた分解能です。これは音の分離感で、これによってキレのあるリズミカルなサウンドになっています。ベースの分解能はやや物足りないですが、ミッド〜ハイの分解能は高く、エレキギターなどを非常に気持ちよく聴くことができます。例えばBase Ball Bear ELECTRIC SUMMERのイントロの表現が気持ちいです。また低音に弾力があり、これがリズミカルなサウンドをさらに引き立てます。弾力性のある低音の質感はTHIEAUDIO Elixirと似ています。ただし低音が沈み込むという印象はなく、どちらかと言えば前方に低音が打ち込まれる印象です。またロック調のスピード感のあるようなドラムの音に対しての反応度は鈍いです。沈むようなウェット感はなく、スッキリとした弾力のある低音により、東京事変の透明人間では押し返してくる低音が非常にポップで、リズミカルな印象になります。そして生々しい女性ボーカルは椎名林檎との相性も良いです。またシンセサイザーを使うような曲とも相性が良く、YOASOBIではさわやかでリズミカルなサウンドから、幾田りらの透明感のあるボーカルが表現されています。さらにこの透明感や生々しさは宇多田ヒカルのMerry Christmas Mr. Lawrence – FYIを聴くと至高です。宇多田ヒカルの息遣いも聴こえてくるようなボーカル、心地よく響くピアノの音、リズミカルな低域、ぜひTHIEAUDIO Ghostで聴いてみてください。一方で、高域の伸びが今ひとつで天井がある感覚があります。Wraithではこれがもっと広がっていく感覚があったため、平面駆動との差が出ているのかもしれません。また高域の質感も滑らかまではいかず、このあたりが天井を感じる理由にもなっています。分解能が高いために高域がソリッドな印象になっています。このソリッドな印象から、私は銀メッキケーブルからOFCケーブルにリケーブルしました。アップグレードできる銀メッキケーブルも注文してみましたので届き次第、こちらのリケーブルも試してみたいと思います。(追記)銀メッキケーブルのアップグレードを試してみたところ、大きな傾向としての変化はありませんでしたが、得意となるトーンがOFCよりも少し高くなるイメージでした。そのためボーカルをより重視する場合はOFC/OCC系、より繊細な高音を期待する場合には銀メッキというリケーブルになります。

以上、THIEAUDIO Ghostのレビューでした。

THIEAUDIO WraithやElixirが好きな人はぜひ買ってください。またイヤホン派の人も一度試してみて欲しいヘッドホンです。装着感の良さと重量の軽いヘッドホンとは思えない濃厚で映えるミッドはぜひ一聴していただきたいです。

THIEAUDIO Ghost 販売ページ:Amazon

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

本記事では広告を使用しております。

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事