当ブログでは広告を使用しております。

[PR]ZiiGaat – Cinno 〜新ブランドの1DD+4BA構成ハイブリッド型イヤホン

Ziigaat Cinnoレビュー

本記事では広告を使用しております。

本記事はLinsoul JPより製品サンプルをご提供いただき、レビューを作成しております。
tipsZiiGaat – Cinnoは1DD+4BAのハイブリッド型イヤホンです。10mmのダイナミックドライバー(DD)1基に、Mid-high用のBA2基、Treble用のBA2基構成となっています。10mmのDDには応答性の高いLCPダイアフラムを使用することで、重くて強力な低音に加えて、高速で深い低音を可能にしているとしています。また4基のBAは全周波数帯域にわたり、歪みを最小限に抑えながら最高の音質を達成するために最適な構成としたようです。
Cinno

レビュー総括(Summary)

まずZiiGaat – Cinnoは装着感がとても良いです。1DD+4BAという構成でありながらシェルのサイズは大きくなく、耳への圧迫感のないサイズとなっています。これは単純にシェルのサイズが小さくなっているだけでなく、遮音性も保ちながら小さめのサイズとなっていることから、耳へのフィット感があります。さらに重量も軽く、付属のイヤーピースも傘が薄めの素材であることも装着感の良くしています。そしてシェルは丁寧に加工されており、コーティング剤も塗布されていることから、清潔感のあるデザインとなっています。

サウンド面ではバランスはフラットに近く、スピード感のあるサウンドが特長です。音の立ち上がり良く、キレがあり、一音一音の分解能が高いです。またキレという点で、素早く立ち上がった音がスッと綺麗に減衰していきます。ハキハキと明るく、抜け感のある中高音〜高音サウンドを持っています。一方で、低音〜中音はやや暖かみのあるサウンドで広がるタイプですが、中高音〜高音に重ならない絶妙なバランスです。さらにやや暖かみのある低音〜中音のおかげで程よく肉付きのあるボーカルを提供しています。低音は広がるタイプなので、輪郭がはっきりはしておらず、沈み込むような感じはありません。また全体を通りして音のつながりよりも、中高音〜高音の詳細性やその対照的な暖かい低音が目立つので、やや自然さは欠けています。関連して抜け感があるものの、組み合わせる上流によっては高音がややピーキーな印象を受ける可能性があります。この辺りは好みの範囲ではあると思います。最後に定位感があまり強くなく、ボーカルと楽器の音と同じライン上にあることでやや音像もはっきりとしていないことで、音場は若干広め感じました。

Pros
  • 装着感が良い、フィット感がある
  • 清潔感のあるデザイン
  • 分解能の高い中高音〜高音
  • 程よく肉付き、暖かみのある低音〜中音
  • やや広い音場
Cons
  • 音のつながりの自然さがやや欠けている
  • 高音が刺さる場合もあり

価格・販売情報

価格:99ドル(日本円約1.5万円)

販売ページ:Amazon

現時点ではまだAmazonの販売は確認できていません。価格は99ドルと1DD+4BAの構成ではリーズナブルです。

イヤホン概要

スペック

ブランドZIIGAAT
モデルCinno
構成1DD+4BA
ダイナミックドライバー10mm/LCPダイアフラム
感度107dB
インピーダンス32Ω
周波数応答20Hz-20kHz
対応コネクタ平型/0.78mm/2pin
プラグ3.5mm
ケーブル長1.2mm

ZiiGaatについて

ZiiGaatは10年以上にわたり、数多くのグローバルオーディオブランドのOEMおよびODM製品を開発してきました。私たちは、自社の独立ブランドを立ち上げることで、技術革新とオーディオへの情熱を新たな高みへと昇華させたいと考えました。自社ブランドとなることで、ようやく制限なく自由に実験し、作品を共有することができるようになりました。私たちは、単なるオーディオ・ブランドではなく、オーディオ・コミュニティと密接に協力し、私たち全員のためにより良い製品を作ることができる技術チームになることを目指しています。
ziigaatの各メンバーは、音楽とクラス最高のオーディオ解像度に情熱を注いでおり、私たちは、人々がかつてないほど音楽を再発見できるよう支援する使命を担っています。
ZiiGaatという名前は、私たちのコア・バリューに由来する頭字語です: ZiiGaatという社名は、当社のコア・バリューである「Zero-in on Ideas」「Innovate」「Grow」「All Together」に由来しています。

Cinnoの特徴

緻密なトーンバランス

ZiiGaatチームは、Cinnoの完璧なトーンバランスを達成するために、綿密な開発を行いました。ドライバーはパッシブ・クロスオーバー・ネットワークを使って設計され、均一で調和のとれたサウンドを実現しています。サブベースとローはパワフルですが、スピルオーバーや音の濁りを防ぐため、それぞれの周波数帯域に制限されています。中音域はわずかな暖かみを持ちながら、相対的な中立性を保ってます。

ディテール

楽器やボーカルの音域は基本的に自然でクリーン、忠実でありながら、退屈ではありません。高音域は、3kHzに鮮明なピークを持ち、ターゲット曲線に応じてゆっくりと減衰します。つまり、Cinnoは正確で詳細でありながら、決して疲れず、耳障りもなりません。Cinnoは、オーディオマニアとプロフェッショナルの両方の使用に適した、最も最適なバランスのとれた音色の特徴に従って調整されています。

人間工学に基づいた小さな形状

Cinnoの目標は、長時間のリスニング・セッションでも快適で楽しいサウンド・シグネチャーと物理的デザインを作ることでした。Cinnoの筐体は、ドライバーの構成に対して小さいです。さらに薄型で、外耳道にしっかりと深くフィットし、非常に軽量です。これらの要因により、Cinnoは、ステージ上、通勤中、ソファの上など、どのような使用ケースにも最適です。

ZiiGaat Cinno 周波数特性(F特性)

Ziigaat Cinno

同梱物

Cnno

ZiiGaat – Cinnoの同梱物は次のとおりです。最低限の内容となっています。

  • イヤホン本体
  • ケーブル
  • イヤーピース1種/3サイズ
  • サポートに関する説明書

ケーブルについて

Cinno
Cinno

ケーブル側のコネクタは中華2pinと言われる、平型の2pin(埋め込み非対応)です。イヤホン側もそれに合わせて埋め込みになっておらず。平らなっています。プラグは3.5mmです。ケーブルの被膜は滑りにくい素材で、太さは細めの部類に入ります。編み込みは2芯を反時計回りにひねられています。ケーブルは柔らかく取り回しやすく、タッチノイズも気になりませんでした。

外観・装着感レビュー

Cinno

外観レビュー

ZiiGaat – Cinnoの外観はシンプルです。シェルはポリッシングされたのちに何らかの素材で全体がコーティングされています。これによりフェイスプレートの接着面に段差は全くありません。また全体がコーティングされていることでシェルがツルツルとして清潔感があります。特徴的なデザインではありませんが、グレーの色味と相まってなじみやすいデザインとなっています。

装着感レビュー

ZiiGaat – Cinnoは製品の特徴にもあるとおり、装着感は非常に良いです。それは小さなシェルサイズと軽さです。特にシェルのサイズはただ小さくしているのではなく、耳にフィットしやすい程よいサイズ感で遮音性も確保されています。最近では装着感向上にために小さくするのみで遮音性を犠牲にしたイヤホンもありますので、この点は丁寧な設計がされているように感じました。また付属のイヤーピースも中華製イヤホンの付属品にありがちな少し厚みのある素材のものではなく、別売りのシリコンイヤーピースような薄い素材となっていて、これも装着感の良さを提供しています。

サウンドレビュー

M11S・iD14mk2・K9PRO/J-POPを中心に10曲程度/イヤーピース・ケーブルは付属

Cinno

スピード感とキレが特長

ZiiGaat – Cinnoのサウンドはレスポンスが非常に良く、明るい中高音〜高音を持っています。これによりテンポの速いギターのカッティングやピアノの音と相性が良く、音が素早く立ち上がり、スッと減衰していく抜け感はとても気持ち良いです。そして明るい中高音〜高音によって分解能も高く、レスポンスの良さによって、一音一音を捉えられるような詳細性を持っています。バランスとしてはフラットに近く、ハキハキとしたサウンドです。暗めの曲でも相性が良く聴くことができます。一方でこの明るい高音が刺さると感じる人もいるかもしれません。

低音はやや暖かかく、肉付きがある

明るくハキハキとしたサウンドの時に、全体を通して線の細い印象を受けるイヤホンもありますが、ZiiGaat – Cinnoの場合は高音にかけては確かに線の細いサウンドになっていますが、低音〜中音は対照的にやや暖かみがあります。これにより男性ボーカル曲やそこまでハイトーンでない女性ボーカル曲、しっとりとした曲もこなすことができます。これは暖かみのある低音〜中音により、サウンドに程よい肉付きがあるからです。意外にもバラード曲のボーカルも悪くありません。ただそれを得意とするイヤホンに比べるともちろんボーカルの表現は劣りますが、この暖かみのある低音〜中音が中高音〜高音の明るさを損ねることなく存在している点が、とても良いバランスで素晴らしいと感じました。

一方で低音は輪郭がはっきりとしておらず、広がるタイプで、そこまで沈み込むような感じはありません。そしてサブベースまで捉えることは難しいです。それでもこのイヤホンのサウンドバランスの中ではそれは悪さを全くしておらず、低音が特に好きという人以外は気にする必要はありません。ただ低音が沈み込まないことで下へのレンジ感が狭いです。高音は抜け感があるのに対して、低音の沈み込みや弾力がもう少しという印象です。価格を考えれば完璧を求めすぎでもありますが・・・このイヤホンが個人的に良いと感じたらかこそ、低音についてもしもっとこうなればというコメントとしてご理解ください。

販売ページ:Amazon

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事