FiiO ヘッドホン祭り2

オーディオ・ガジェット

日本初公開FiiO新製品:R7、M15S、Q7、K7、FW5、FH7S情報まとめ in ヘッドホン祭り2022秋

2022年9月18日中野サンプラザで開催されたHEADPHONE祭り(ヘッドホン祭り)に行ってきました。当日は台風が迫っているということもあり、土砂降りでしたがめげずに会場に足を運んできました。
サンプラザ中野ヘッドホン祭り

今回土砂降りの中でもヘッドホン祭りに行った理由はFiiOが2022年に発売を予定している注目機種が一挙に日本初公開となるためです。タイトルにも記載の通り、日本初公開となったのは以下の6製品です。

  • FiiO R7 : オーディオストリーマー
  • FiiO M15S : DAP
  • FiiO Q7 : ポータブルDAC/アンプ
  • FiiO K7 : 据え置きDAC
  • FiiO FW5 : TWSイヤホン
  • FiiO FH7S : ハイブリッド型IEM

すでにFH7Sは中国で販売開始しており、Aliexpress経由であれば購入が可能ですが、R7、M15S、Q7、K7、FW5については本国FiiO公式の発表も2022年5月イベント以来、一切情報がありませんでした。そのため、このヘッドホン祭りでの情報は海外も含めて未公開の情報でかなり貴重な情報となりました。当日の試聴時間は5分のみとかなり限られていましたが、エミライのスタッフさんにヒアリングした情報に基づき、これまで32つのFiiO製品を購入し、現在FiiO製品は試聴も合わせればほぼ全てカバーしていますので、それらの既存製品との相対的な比較をまじえながら、どの製品がベースとなっているのか、既存製品からどのような進化があったのかを踏まえてスペックや音の傾向を紹介していきたいと思います。なお、スペック情報は試聴した後でスタッフさんに確認し、試聴の感想にバイアスがかからないようにしています。イベントの製品は参考展示ですので、今後発売までに仕様変更の可能性もあるとのことでしたのでその点ご了承ください。また発売日や価格については情報なしとのことでした。そのためR7、Q7、M15S、K7、FW5の発売日や価格は2022年5月の新製品スケジュールの情報となります。

なお、2022年のFiiO新製品の全てについてはこちらの記事をご覧ください。
FiiO 2022年新製品スケジュール発表まとめ

FiiO R7

製品種別:オーディオストリーマー
発売時期:10月(日本は冬予定) 価格:900ドル以上 *2022年5月情報

M11 Plus ESSをベースとして、K9 Pro同様のアンプ(THX-AAA 788+)を搭載させたイメージとのことでした。そのためDACチップやSoCはM11 Plus ESSがベースとなっていると見られます。実際に試聴してみて、音の傾向としてはM11 Plus ESSにかなり近い印象を受けました。FiiO R7の最大の特徴は、これ一つで全てを完結できることだと思います。FiiO R7があれば、PC、DAC、DAPを必要とせずにこれ一つで高音質な据え置き再生環境が揃います。大きさとしても一般的なデスクトップスピーカーに近いサイズ感で、想像よりもずっとコンパクトでした。写真にある通り、全面部には6.35mm、4.4mmプラグ、4ピンバランス端子が揃っていることからほぼ全てのイヤホン、ヘッドホンに対応します。背面部を見ることができませんでしたが、K7と接続していたのでSPDIF出力、そのほかおそらくスピーカーと接続できるような端子も揃えていることが想定され、まさにオールインワンのオーディオストリーマーです。

FiiO M15S

製品種別:DAP
発売日:秋予定(日本は冬予定) 価格:1,100ドル *2022年5月情報

DACチップにESS9038PROを一基搭載し、アンプはFiiO独自となります。前機種のM15は旭化成製のDACチップが搭載されていましたので、後継機種となるもののDACチップはM11 Plus ESSの流れを引き継ぐ形になりました。試聴した印象も、M15よりもM11 Plus ESSに近く、また直近発売されたM11Sとも近い音の傾向を感じました。そのためM15の後継機種というよりは、現在のM11 Plus ESSのワンランク上のDAPと捉えた方がしっくりきます。個人的にはFiiO独自アンプとESSチップはあまり相性が良いとは感じていません。M11 Plus ESSの場合は、THX-AAAアンプを搭載していることから好みの方向性によってはM11 Plus ESSの方が良いという場合も出てきそうです。また過去DAPのX7 Mark ⅡがESS9028PRO+FiiO独自アンプという構成で、このX7とも音の傾向は似ていて新鮮味もあまりなかったです。デザイン面では前機種のM15を引き継ぎ側面が丸みを帯びた形状で、ボリュームもダイヤル式を維持しています。背面のデザインのみM11シリーズと同じくダイヤモンドカットテクスチャーがあしらわれています。M15SはFiiO DAPの中でフラッグシップの位置付けとなります。旭化成製のDACチップを搭載したFiiO DAPを期待していた方も多いと思うので、M15Sについてはその点においては期待外れでした。

FiiO Q7

製品種別:ポータブルDAC/アンプ
発売日:10月(日本は冬予定) 価格:890ドル〜1,040ドル *2022年5月情報

中身はM17をそのままに、ディスプレイやSoCなどのDAP機能をなくしたDAC/アンプとのことです。試聴した感想としても音は最高のものでした。今回DC駆動による試聴でした。ただ大きさはM17と近く、持ち運びを考えるとM17と同様、厳しいかもしれません。またDAC/アンプの機能に絞りながらもBTR7のような小さなディスプレイは付いていて利便性が高いと思いました。BTR7同様にスマホでストリーミング再生すればDAPがいらないと思わせる機種でした。これで価格も10万円前後であればコストフォーマンスも非常に優れたものになると思います。

FiiO K7

製品種別:据え置きDAC
発売日:秋予定?(日本は冬予定) 価格:300ドル *2022年5月情報

K5 Proを正統進化させた据え置きDACとなっており、DACチップには旭化成製(AK4493SEQ×2)、アンプはTHX-AAA 788+が搭載される予定です。想定の上を行っていたのがTHX-AAA 788+の搭載です。価格としてはK5とK9の間に位置する製品となります。試聴した感想としても、まさにK5 Proを正統進化させていて、THX-AAA 788+の搭載やバランス接続可能になったことにより明瞭感や分離感が増しています。それでいてK5 Proのウォーム系の聴きやすい音の傾向もそのまま引き継いでいます。UI面では前面部にはINPUTをボタンで選んでランプが点灯するようになっていてわかりやすく、また出力先も選べるようになっていて、K5 Proの時よりも利便性が向上している印象を受けました。その分大きさはややK5 Proよりも縦横どちらも大きくなったように見えました。個人的に今回の製品の中では一番注目していましたので最初に試聴を行って、イメージ通りの音が出てきてとても良かったです。K5 Proを持っている人にとってはアップグレードに最適な据え置きDACになると思います。

FiiO FW5

製品種別:TWSイヤホン
発売日:不明(秋頃?、日本は冬予定) 価格:140〜220ドル *2022年5月情報

ダイナミックドライバーを1基、BAドライバーを2基搭載したハイブリッド型のTWSイヤホンとなります。外観はFD5、FD7のデザインを継承しています。しかし、持った感じで素材はFW1と同じで安っぽいです。ケースに至ってはFW1と全く同じに見えました。DAC、SoCやBluetoothチップはUTWS5と同じとのことでした。試聴した印象はFW1はボーカルにフォーカスしたかまぼこでしたが、FW5はドンシャリでした。FHシリーズの中低域よりなサウンドに、FD5、FD7の伸びのある高域を表現しようとしたチューニングが感じられました。どのFiiOイヤホンに近いかと言われると、どれとも近くもあってFHシリーズとFDシリーズの中間くらいの印象です。FW1と比較すれば、はるかに音質面で良くなりました。しかしケースなどの素材が安っぽいことから価格としてはレンジの下の方の価格になると予想しています。

FiiO FH7S

製品種別:ハイブリッド型IEM
発売日:9月(日本は秋予定) 価格:399.99ドル

FH7Sについてはすでに中国では9月に販売開始しており、詳細な情報は公表されています。その情報についてはこちらの記事「最新!FiiO FH7Sなど新製品発表情報 (2022Autumnイベント) 」をご覧ください。

セミオープン型で、4BA+1DDのハイブリッド型IEMです。試聴した感想としてはFH5Sと一番近く、FH5Sのアップグレード版という位置付けになると思います。海外のレビューではFH9の高域のシルキーさを再現しているというコメントもありましたが、確かにFH9の特徴的な中高域を再現しようとした傾向も感じたもののの、解像度や繊細な表現力は一歩足りず、またFH5SやFH3にあるような低域の量感もあるため、全体の仕上がりとしてはFH5Sのアップグレード版という印象を受けました。外観のデザインはこれまでのFHシリーズとは異なり、SFアーマーデザインというメカニカルなデザインとなっています。実際に見た印象としては思ったよりもカクカクしておらず、FH3にセミオープンの窓を付けたようなイメージです。

以上、ヘッドホン祭りで日本初公開となったFiiO新製品情報でした。
今回の製品の中でK5 Proを愛用している私は、K7は買おうと決めました。R7、Q7は価格次第かなと思っています。R7については2022年5月の900ドルという価格がそのままであれば円安次第ではありますが、かなりコストパフォーマンスの優れた製品になるではないでしょうか。今回のイベントではFiiOの据え置きDACに進化を感じました。利便性を取るならR7、音質を取るならQ7という選択になると思います。

この記事が参考になったよという方はぜひフォローお願いいたします。

このブログではライフスタイルDXをコンセプトにDIY/ジャンク修理、オーディオ、PS5、株主の解説、Redditなどの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。

関連記事

  1. FiiOreview

    オーディオ・ガジェット

    FiiO製品レビューまとめ(全34製品) *随時更新

    これまで新品、中古で購入したFiiO製品のレビューまとめです。現在、全…

  2. FiiO FF3

    オーディオ・ガジェット

    FiiO FF3 日本最速の実機紹介&レビュー!

    9月9日発売のFiiO「FF3」を日本最速の実機のご紹介と詳細レビュー…

PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP