当ブログでは広告を使用しております。

FIIO BR13最新情報(BluetoothレシーバーDAC)

Br13情報

本記事では広告を使用しております。

FIIO BR13が12月8日に日本発売開始となります。中国で10月に発売開始となっていて、この記事ではその詳細な製品情報をまとめていきます。当ブログでも購入し、BR13をレビューする予定です。

tipsまず概要です。FIIO BR13はBluetoothレシーバー機能を備えたDACとなっています。BR13はBTA30PROの兄弟機で、LDACやaptXといった高音質のBTコーデックに対応しながらもレシーバー機能に特化することで価格を抑え、さらに新たなFIIO独自のアップサンプリング機能を搭載しています。そして今回ディスプレイも搭載することで使い勝手も向上していて、スペックだけを見る限りは非常に魅力的な製品となっています。
FIIO BR13

FIIO BR13 発売日・価格

発売日:2023年12月8日(中国10月23日)  価格:10,780円(中国369元)

販売ページ:Amazon / eイヤホン

BR13の中国販売価格の円換算では1万円を切る7,500円でサプライズでした。レシーバー機能に特化しながらも、BTA30PROからほとんどスペックダウンすることなく、多機能なままでリーズナブルな価格を実現していて魅力的な製品となっています。おそらく日本価格は1万円前後と予想しています。なお、ディスプレイはありますが、技適表示はできない模様です。(追加情報)直前にBTA30PROの値上げもあり、心配していた日本販売価格は約1.1万円とリーズナブルな価格を維持してきました。

FIIO BR13 スペック(BTA30PROとの比較)

まずスペック表です。BTA30PROとの比較もできるように作成しました。スペックを比較すると機能としてトランスミッターをなくすことで価格は約半額となりました。サンプルレートや最大出力値などはスペックダウンしているものの、受信コーデックにaptX LLが追加、またディスプレイが追加されるなどレシーバーとしての機能、操作性が向上し、Bluetoothレシーバーとして必要な機能・UIに特化したモデルとなっています。

項目BR13BTA30PRO
発売2023年12月8日2021年12月2日(日本)
主な機能レシーバー/DACトランスミッター/レシーバー/DAC
価格10,780円前後22,000円前後
BTチップQCC5125
(CPU+DSP両対応)
CSR8675
(DSP:CT7302)
BTバージョン5.15.0
DACチップES9018K2MES9038Q2M
オペアンプTPA1882OPA1662
ディスプレイLCDなし
ボタン操作対応対応
アプリコントール対応対応
UAC2.0/1.02.0/1.0
アップサンプリング最大96kHz/24bit最大192kHz/24bit
USB入力タイプCタイプC
その他有線入力同軸/SPDIF
*同軸は入出力共有
同軸/SPDIF/
*同軸は入出力共有
有線出力RCARCA
RCA出力値2Vrms3Vrms
Bluetooth受信
対応コーデック
LDAC/aptX adaptive/aptX
aptX LL/aptX HD
AAC/SBC
LDAC/aptX adaptive/aptX
aptX HD/AAC/SBC
Bluetooth送信
対応コーデック
(トランスミッター機能非搭載)LDAC/aptX adaptive/aptX
aptX LL/aptX HD
AAC/SBC
対応サンプルレートUSB:96kHz/24bit
同軸:192kHz/24bit
SPDIF:96kHz/24bit
USB:384kHz/32bit
同軸:384kHz/24bit
SPDIF:96kHz/24bit
(SPDIF出力は192kHz/24bit)
ノイズフロア<5uV≤3.8uV
S/N>112dB≥118dB
THD+NUSB : <0.0008%
BT LDAC : <0.0018%
USB : <0.0008%
(RCA出力時)
サイズ約98*96*26.5mm
(W*D*H)
約120*55*25.8mm
(W*D*H)
重量約135g約145g
Eb1eaceed57566cab4e6b81ea87f75af
広告

FIIO BR13 特長

高品質なオーディオアーキテクチャと強力なハードウェア構成

FIIO BR13

FIIO BR13はQualcommのQCC5125(BTチップ)+ES9018K2M(DACチップ)+TPA1882(オペアンプ)で、高品質のオーディオアーキテクチャを構成し、HiFi標準の静音回路設計、水晶発振器、5つの低騒音LDO、干渉防止OVを採用しています。これらの強力なハードウェア構成により、BR13はBluetoothモードでLDACなど7つの高音質BTコーデックに対応し、USB DACモードでは96kHz/24bitフォーマットをサポートします。さらにUAC1.0モードにも対応し、PS5、Switchなどのゲーム機器の接続も可能です。

FIIO独自のアップサンプリング技術

FIIO BR13

FIIO BR13はFIIOが自社開発したデジタルアップサンプリング機能を搭載し、低サンプリングレートを高サンプリングレートに上昇して処理ができます。最大96kHz/24bitにでき、音の細部と質感をさらに体験することができます。

SPDIFバイパス機能をサポート

FIIO BR13
SPDIFデコード
FIIO BR13
SPDIFバイパス

FIIO BR13はSPDIFデコードに加えてSPDIFバイパス機能もサポートしています。SPDIFデコード(画像左)はBR13を通じて同軸/SPDIF/RCAにデコードして別の音響設備に出力することができます。さらにFIIO BR13のSPDIFバイパス機能(画像右)ではSPDIFと同軸の入出力を同時にサポートし、ケーブルの煩わしさを省くことができます。

デザインと機能性を兼ね備える

FIIO BR13

FIIO BR13はアルミニウム合金を本体にディスプレイが搭載されています。このディスプレイは高コントラスト、長寿命のLCDディスプレイで、さらに角度をつけることで可視性がより良くなります。またBTコーデック、サンプリングレート、EQ設定など現在のステータスを確認できます。

豊富な機能

FIIO BR13には豊富な機能が搭載されています。まずBR13にはPOPS、クラシックなど7つのチューニングスタイルをあらかじめ設定し、異なるジャンルの曲をよりよく聞くことができます。また2つのPEQ設定があり、FiiO Control APPを通じて調整し、個人の好みに合わせて設定することができます。さらに2台のマルチペアリングにも対応し、スマートフォン/タブレット/プレーヤーなど接続先をシームレスに切り替えて音楽を再生することができます。低遅延モードをサポートしていますので、アプリを通じてaptX LL優先モードにワンタッチで切り替えて、すぐにゲーム、ドラマの世界に没入することができます。

以上です。

販売ページ:Amazon / eイヤホン

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事