当ブログでは広告を使用しております。

KA15などFIIO2024年新製品情報 〜ドングル型DAC編

Ka17など2024年新製品情報

本記事では広告を使用しております。

2024年1月にFIIOより2024年新製品計画が公表されました。この記事ではドングル型DAC/アンプであるKAシリーズの新製品について日本語に意訳してまとめていきます。なお、新製品情報だけでなく、計画の背景なども公表されていて、それらの内容も含めてまとめていきます。オーディオ業界の動きなどの解説も面白いですので、ぜひ最後までご覧ください。

*2024年新製品の発売日・価格は断りがない限り、全て中国でのものです。
*これらは全て計画である中止・変更の可能性が多分にあります。
*追加情報があれば、随時更新していきます。

FIIO ドングル型DAC/アンプ概要

2024年新製品を含めたラインナップ

モデル区別発売日価格
KA172024年1月16日999元
KA152024年夏頃未公表
KA13既存2023年11月10日
(中国9月15日)
13,200円前後
(中国499元)
KA112024年1月19日未公表
KA10
→JA11
2024年6月18日99元

FIIOのドングル型DAC/アンプシリーズについて

ドングル型DAC/アンプは、FIIOが業界のパイオニアとも言えますし、最後発とも言えます。パイオニアとしては数年前にiPodやiPhone 用のドングル型アンプ i1を発売しました。一方で最後発としては、主要ブランドの全てがドングル型DAC/アンプを販売していたとき、当社はまだ発売しておらず、FIIO初のドングル型DAC/アンプであるKA3を発売したのは 2021年10 月のことでした。そして特定の市場に傾注することはリスクが高く、その後、KA2、KA1、KA5、KA13、K17が徐々にモデルを増やし、足元ではKA11も登場します。

これらもモデルの中で、KA5はFIIOの第1世代から第2世代への包括的なアップグレードが完了したモデルと言えます。そして予想外だったのは、KA1/KA3の性能・機能が強力であるため、代替・後継モデルの発表後もKA1/KA3は好調に売れています。

追加情報

  • KA2は想定より売れていないそうで、少なくとも現状では後継機の開発計画はないようです。
54736422f5162b672fdaf2a9e8898a16
広告

FIIO2024年新製品:ドングル型DAC/アンプ(KAシリーズ)

tips2024年はKA13を除き全てのモデルが更新され、KA5に至っては通常2年サイクルから大幅に短縮され、1年で後継機の発売となるようです。注目はやはりフラグシップのKA17で999元というリーズナブルな価格でドングルの中ではフラグシップクラスであることはもちろんのこと、ミドルレンジDAP並の構成になっています。そしてKA5の更新については、デスクトップモードやPEQなどが小型DACに適用される少し前の端境期に発売されていたことから、KA15ではそれらの機能が追加される見込みで、さらに既存のFIIOデザインから脱却したデザインの外観を持つとのことで面白そうな展開が期待されます。またKA11やK10という気軽なモデルも搭乗し、様々な場面で使いやすくなりそうです。

FIIO KA17(新たなフラグシップモデル)

発売日:2024年2月23日(中国:1月16日)  価格:26,400円前後(中国:999元)

販売ページ:Amazon / eイヤホン / Aliexpress(並行輸入)

すでに中国では発売されています。詳細は下記の記事をご覧ください。ここではさらなる上位モデルに関するコメントがありましたので掲載します。

KA17より上位モデルの計画はあるのかという問い合わせが寄せられています。現時点ではKA17の販売が始まったばかりですが、上位モデルについてはKA17の売れ行きを見て判断する必要があります。もし予想を上回る売れ行きであれば、より高価なモデルの需要があると証明され、より良い製品を作るための開発コストを投じることになります。一方で売上が予想通りであれば、上位モデルについて心配する必要はありません。いずれにしても決定を下すには、依然として市場とユーザーのフィードバックによります。

追加情報

FIIO KA15(KA5の後継機)

発売日:2024年夏  価格:未公表

KA15の主な変更点はデスクトップモードの追加とサウンド調整機能(おそらくPEQ)の追加です。その他の機能やディスプレイなどはKA5の機能を継承します。一方でデザインは非常に面白く、従来のFiiOのデザインから脱却したものになります。現時点ではコンセプトの模倣を防ぐため、当面は非公開にされます。

FIIO KA11(KA1の後継機)

発売日:2024年2月23日(中国:1月19日中国)  価格:5,390円前後(199元/29.99ドル)

販売ページ:Amazon / eイヤホン / Aliexpress(並行輸入)

JA11(新たなローエンドのエントリーモデル)*KA10から名称変更

発売日:2024年6月18日  価格:99元

KA10は主に100元以内の市場をターゲットとしています。価格が安いため、機能や性能で特別なものはありませんが、小型で便利という重要な要素を備えます。またFIIOの品質管理とサービスが保証されます。

以上です。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事