当ブログでは広告を使用しております。

FIIO KA17最新情報 〜FIIOのフラグシップドングル型DAC

Ka17最新情報

本記事では広告を使用しております。

FIIO KA17が2月23日に日本で発売します。中国では1月16日に発売されていて、本記事ではその内容を日本語に意訳してお届けします。またKA17を追加したFIIOのドングル型DAC製品のスペック表も掲載しています。

tipsFIIO KA17はFIIOのフラグシップモデルで、構成はドングル型DACの中で最上位クラスとなっています。DACチップにはESS新型のES9069Q、アンプ回路にはTHX AAA78+が採用されていて、構成だけで言えばミドルクラスのM11 Plusと同じグレードのものが搭載されています。さらにUSBコントローラーにXU316が採用されていて、ポタアンやデスクトップ型DAC同様のグレードとなっています。これだけのハイスペック構成でありながら、FIIO KA17の価格は999元(円換算で2万円)と非常にリーズナブルとなっています。

開封動画

FIIO KA17 発売日・価格

発売日:2024年2月23日(中国:1月16日)  価格:26,400円前後(中国:999元)

販売ページ:Amazon / eイヤホン / Aliexpress(並行輸入)

FIIO KA17はフラグシップでありながらも999元と円換算で2万円です。他社のフラグシップでは4−6万円、さらには8−10万円まで価格が値上がりしている中で、非常にリーズナブルな価格となりました。この価格であれば、日本販売価格も3万円前後に収まると予想しています。日本の発売も決まり、価格は予想より下の、26,400円前後の価格となりました。海外価格からは割高に見えますが、スペック上は他社のフラグシップ同等と考えればコストパフォーマンスの優れた価格となっています。

FIIO KA17 スペック表

モデルKA17KA5KA13
発売年202420232023
価格999元22,000円
(799元)
13,200円
(499元)
USBチップXU316NANA
DACチップES9069QCS43198CS43131
DAC構成デュアルデュアルデュアル
アンプ構成THX AAA 78+SGM8261-5*2SGM8262*2
ディプレイありありなし
操作ボタンありありあり
デスクトップ
モード
ありなしあり
独立電源
端子
ありなしなし
出力端子3.5/4.4
SPDIF(3.5共通)
3.5/4.4
SPDIF(3.5共通)
3.5/4.4
SPDIF(3.5共通)
最大出力
@32Ω
SW 270mW
BAL 650mW
SE 122mW
BAL 265mW
SE 170mW
BAL 550mW
ケーブル取り外し
可能
取り外し
可能
取り外し
可能
サイズ
(縦向き)
縦64.0*横27.7*高12.7mm56.3*22*12mm56.3*22*10.5mm
重量33.5g19g18.5g
対応PCM768kHz/32bit
DSD512
MQAフルデコード
PCM768kHz/32bit
DSD256
PCM384kHz/32bit
DSD256
アプリ対応対応対応
PEQ対応
35788023b1398d2687250c5d88532b9c
広告

FIIO KA17の製品概要・特長

驚異的なパフォーマンス

KA17 出力

FIIO KA17は新しく進化したデスクトップモードを搭載し、専用の独立したUSB Cの電源端子を搭載しています。まUSB給電が十分な場合、または独立した電源が接続されている場合、デスクトップモードをオンにできます。デスクトップモードは、DACとアンプに電力を供給し、アンプを高性能な状態に調整し、デバイスのポテンシャルと工藤理力を完全に解放します。フラッグシップモデルであるFIIO KA17は、FIIO初のTHXアンプアーキテクチャのドングルDACバージョンを搭載し、4チャンネルフルバランス+8チャンネルの並列配置のオペアンプ構成の新しいTHX AAA 78+を採用し、出力パワーは大幅に増加しました。デスクトップモードではKA17のバランス出力は最大 650mWに達し、デスクトップアンプの駆動力に近く、より広範なダイナミックスと強力なコントロールを持ちます。

最高の構成はフラグシップの強み

KA17 DAC

FIIO KA17 は、ESSが新たにリリースした2チャンネルシリーズのフラッグシップES9069Qを2基搭載しています。第4世代32bit HyperStreamアーキテクチャに基づいて、より高いパフォーマンスとより低い消費電力を実現しながら、DAC内のデジタルノイズをさらに低減し、130dBのダイナミックレンジ、-120dBの低歪みを達成。優れたパフォーマンスでより澄んだ黒い背景を持ちます。

さらにFIIO KA17には、ドングル型DACではほとんど採用されないプロフェッショナルグレードのXMOS 16コアXU316も搭載されており、一般的なドングル型DACで採用されているUSBチップよりも遅延が少なく、デジタル伝造が安定し、互換性も優れています。サンプルレートは最大768kHz/32bit、DSD512、MQAフルデコードに対応し、様々なオーディオソースに対応します。

全方位で優れた体験

Img 1674

KA17は、0.91インチのドットマトリクスディスプレイを搭載し、中国語と英語の二か国語メニュー表示に対応した珍しいドングル型DACです。各種機能を直感的に理解できるだけでなく、各種設定を簡単・シンプルに行うことができます。画面の回転、フィルター、画面の表示時間、その他の設定を物理ボタンで操作します。KA17はPEQ機能をサポートする数少ないドングル型DACの1つであり、10つのカスタマイズ可能な周波数に対応し、FIIOが独自に開発した調整アルゴリズムとインターフェースを通じて、周波数のゲイン等を微調整することができ、自分に合わせてチューニングを最適化し、自由度を大幅に向上させました。

KA17 基板イメージ

その他、FIIO KA17の小さなボディにはDAPに匹敵するオーディオアーキテクチャ、デジタル/アナログ分離基板のアンチクロストーク設計、3レベル10チャンネル高精度電源設計、標準レザーケース、内蔵温度検出と出力DC検出、60レベルと120レベルの2つのボリューム調整精度、SPDIF出力をサポートなどフルスペックのドングル型DACです。

以上です。すでに購入済みですのでまたレビューをしていく予定です。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事