当ブログでは広告を使用しております。

FIIO KA7(KA17)などドングル型DAC製品(カテゴリー別2023年新製品情報)

Fiio Ka7などドングル型dacv2 (カテゴリー別2023年新製品情報)

本記事では広告を使用しております。

すでに2023年新製品についてはこちらの記事で全てまとめています。そのため全体をご覧になりたい方は下記をご覧ください。

FiiO 2023年新製品情報 *随時更新

この記事ではカテゴリー別にドングル型DAC製品であるKAシリーズの新製品情報をまとめています。このカテゴリーはすでに日本発売済みのKA5がとても良い製品でしたので、FiiOのドングル型DACとしてフラグシップとなるKA7が楽しみになっています。

またすべて記載の時期は、あくまで計画であり、大幅に遅れる製品も出てきます。特にマイナーチェンジではない新製品は、基本的に遅れると考えた方が無難です。今後出てくる製品くらいの気持ちでいましょう。

広告
広告

FiiO 2023年新製品 KAシリーズ(ドングル型DAC)

ストリーミングメディアの対応やスマートホンがヘッドホンジャックを廃止したことで、この小型のドングルDACは、ここ数年、急速に成長しているセグメントです。シンプルさやポータビリティ、コストパフォーマンスがユーザーから愛されています。FiiOは2022年のKA3発売以降、すでにKA1、KA2、KA3と3つの製品をリリースしています。2023年になっても、FiiOはすべてのユーザーニーズを満たす製品ラインナップを完成させることに焦点を当てています。しかしながら、このドングルDACはサイズや消費電力の制約があり、製品間での差別化が急激に減少し、特徴を出すことが難しくなってきているのも事実です。ただし、難しいからといって、できないわけでなく、楽しみな部分でもあります。

ブログコメント:FiiOとしてはドングルDACはKA5の発売が遅れていることから、あまり注視していないと思っていましたが、どちらかといえばFiiOらしさを出すのが難しいので開発ができていないという印象ですね。James社長もそこが楽しみな部分であるとのことですから、まだ企画段階であるもののKA7や駆動力の限界に挑戦するKA13はとても楽しみな製品です。またKA13が発売するものの、KA3含め全ての製品が続投で、KA3については価格を下げる可能性もあるそうですからよりコストパフォーマンスの優れた製品になりそうですね。

FiiO KA7(新製品)→KA17に改称

発売日:2023年9月目指す(間に合わず時期未定) 価格:1,300元(2.6万円)

FiiO KA7はFiiOのフラグシップドングルDACとなりますが、まだ企画段階で、発売はもっと先になるかもしれません。FiiO KA7の主旨は、現在の制約から脱却し、より大きなイノベーションを起こすチャンスがあるかどうか、スマートホンとドングルDACの好きなユーザーに新しいものを提供することです。これまでの繰り返しや、すでに市場にある製品に近いものはやらないことにしています。例えばマグネット式の収納部を持つ設計など様々な検討をしています。

  • 独自に入手した情報によれば9月を目指しているとのことです。またかなり製品に対して自信があるようなコメントもありました。
  • KA7からKA17に名称変更されることになったようです。またKA13と同じ系統のデザインになるとのことでした。
  • (追記)10月始まった時点で中秋節を挟んだこともあり、追加情報がなく、9月の発売は間に合わなかったようです。

FiiO KA5(新製品)*日本発売済み

発売日:4月21日(中国3月16日) 価格:22,000円(799元)

販売ページ Amazon / eイヤホン

FiiO KA5は画面付きのドングルDACです。CS社のフラグシップDAC CS43198を2基搭載し、独立した音量調整機能を持つ古典的なDAC+オペアンプのアーキテクチャと、比較的豊富なUIの設定機能を持ちます。ディスプレイの追加により、インタラクションが容易になり、ドングルDAC本体でほぼ全ての操作や設定ができるようになっています。デザインや技術ももちろん強化されています。

KA5の詳細:FIIO KA5 実機レビュー 〜 Q11と比較も

FiiO KA13(新製品)

発売日:2023年11月10日(中国:9月15日) 価格:13,200円前後(中国499元)

販売ページ:Amazon / eイヤホン

FiiO KA13は現行モデルKA3の後継機です。400元(8,000円)以上という価格帯と、3.5mm+4.4mm / DAC+オペアンプアーキテクチャという構成は、現在オーディオマニアにとって最もメインストリームになっています。KA13では外観の変更以外にも、DACを一新し、ドングルDACの駆動力の限界を大幅に向上させる技術(FiiOの特許)を導入する予定です。とても楽しみな製品となります。

  • (追記)Weiboで詳細な製品情報はまだ未公開ながら、製品の画像が中国本土のレビュワーによって明らかとなりました。
  • (追記②)9月15日予約開始となりました。デスクトップモード搭載のドングル型DACとなっています。

KA13の詳細:FIIO KA13 実機レビュー 〜デスクトップモード搭載のドングル型DAC

FiiO KA3(既存製品)

販売ページ:Amazoneイヤホン

FiiO KA3はFiiOのドングルDACにおけるメインモデルで、発売以来、精巧な作り、タフなデザイン、高い出力パワー、そしてFiiOが誇るサービスと品質で、広く普及しています。KA3はこの価格帯のベストセラーモデルとなっています。FiiO KA3はES9038Q2M+独立オペアンプのアーキテクチャで、ドングルDACの中で最も高い出力を持っています。2023年には同価格帯の新製品KA13を発売する予定ですが、KA3は継続し、チップやその他部材のコストが下げられれば、価格も下げる予定です。KA3は引き続き販売します。

FiiO KA2(既存製品)

販売ページ:Amazoneイヤホン

FiiO KA2はUSB CとApple Lightningの2種類が用意され、シーラスロジック社のCS43131を2基搭載し、USBインターフェースチップはCT7601です。CS43131はDAC+アンプのチップでもあるため入手が容易です。デザインもシンプルで、消費電力も低く抑えられています。KA1と同様に、他社との音質差は非常に小さいです。ただし、ブランドやサービス、外観、価格などは考慮すべきです。またKA2はAppleバージョンのように変換アダプターを必要としないドングルDACは少ないです。

FiiO KA1(既存製品)

販売ページ:Amazoneイヤホン

FiiO KA1もUSB CとApple Lightningの2種類が用意されています。ESS社のシングルチップソリューションであるESS9281PROを使用しています。現実的な話として、9281PROチップはチューニング余地が少ないので、多くのユーザーにとって製品間の差は無視できるレベルです。さらに200元(4,000円)以上の価格帯で、秘密にされているはんだ、発熱コンデンサによることも無意味です。そのためKA2同様、選択においてはブランドやサービス、外観、価格などは考慮すべきで、KA2同様、Appleバージョンのように変換アダプターを必要としないドングルDACは少ないです。

FiiO 2023年 KAシリーズ含む新製品一覧

FiiO2023年新製品 M、Q、KA、BTR、TWS
最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事

当ブログの内容をコピーするブログを発見したため右クリック禁止としました。ご不便おかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。