当ブログでは広告を使用しております。

BTR17などFIIO2024年新製品情報 〜Bluetoothレシーバー編

Btr2024年新製品

2024年1月にFIIOより2024年新製品計画が公表されました。この記事ではBluetoothレシーバー製品であるBTRシリーズの新製品について日本語に意訳してまとめていきます。なお、新製品情報だけでなく、計画の背景なども公表されていて、それらの内容も含めてまとめていきます。オーディオ業界の動きなどの解説も面白いですので、ぜひ最後までご覧ください。

*2024年新製品の発売日・価格は断りがない限り、全て中国でのものです。
*これらは全て計画である中止・変更の可能性が多分にあります。
*追加情報があれば、随時更新していきます。

FIIO BluetoothレシーバーDAC/アンプ概要

2024年新製品を含めたラインナップ

モデル区別発売日(予定含む)価格(予定含む)
BTR172024年秋冬(中国)未公表
BTR15既存2023年12月8日(日本)19,800円(中国699元)
BTR132024年秋未公表
BTR112024年夏未公表

BTRシリーズについて

BluetoothレシーバーDAC/アンプは小型でバッテリーが搭載し、音質が良く、駆動力も高いです。ワイヤレスでもUSBケーブル経由の有線でも使用可能であり、多くのユーザーに利用されています。 現在のFIIOにおける主力製品ラインでもあり、BluetoothレシーバーDAC/アンプに関しては、FIIOがグローバル市場のリーダーであると言っても過言ではありません。

PR
広告

FIIO2024年新製品:BluetoothレシーバーDAC/アンプ

tipsFIIOは通常2年サイクルで製品を更新するものの、最近は更新サイクルが伸びている中で、BTR17はちょうど2年が経過するタイミングで新製品発売が予定されています。BTR7発売以降の製品ではUI/UXが向上した製品が多く、特にBTR15では使い勝手の部分で完成度が高いため、BTR17ではその使い勝手が反映されるだけでも嬉しいですね。さらにBTR15よりもさらに低価格帯となるエントリーモデルのBTR13やBTR11も新モデルが出てくることで選択肢が増えて良さそうです。

FIIO BTR17(BTR7の後継機)

発売日:2024年秋冬 価格:未公表

BTR17はBTR7から外観が大きく変更されます。またaptX Losslessコーデックなどの最新のBluetooth技術が採用されます。その他、中国ユーザーの多くが関心を寄せるNearLink(Huawi主導の短距離無線技術)については、関連チップやソリューションがまだ量産化されていないため、当面は搭載の予定はありません。その他の性能やサイズはBTR7とあまり変わりません。

FIIO BTR15 *既存製品

FIIO BTR15最新情報 〜UI/スペックが進化したBTR5の後継機

FIIO BTR13(BTR3Kの後継機)

発売日:2024年秋 価格:未公表

初代BTR3は2018年に発売されるとすぐに国内外のユーザーに愛され、やがてFIIOの主力製品となりました。2020 年にBTR3Kをリリースし、今日に至るまでBTR3Kの販売は順調に進んでいます。製品サイクルはすでに非常に長いことを考慮すると、関連技術が大きく進歩しただけでなく、一部のチップは調達が困難になっています。そこで、BTR3Kの後継としてBTR13を今年発売することにしました。

FIIO BTR11(BTR1の後継機)

発売日:2024年夏 価格:未公表

FIIOの初期のBluetoothレシーバーDAC/アンプのBTRシリーズにはuBTRとBTR1の2モデルがありましたが、2年間のチップ不足と価格高騰に見舞われたことで、その間、ミドル〜ハイエンド製品に多くのエネルギーを費やしてきました。しかし、市場では価格に優しいエントリーモデルに対する需要が依然として非常に高いです。そこで、2024年にBTR11を発売する予定です。これは主に有線イヤホン/ヘッドホンを使用していて、スマートホンを再生機としているが、ドングル型DACが少し邪魔で、さらにスマートホンのバッテリーを多く消費することに懸念を感じているユーザーのニーズを満たすことを目的としています。前世代のBTR1と比較して、BTR11はLDACをサポートするようにアップグレードされます。

以上です。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

本記事では広告を使用しております。

EARL

EARLFIIOファン

PS5、FIIO、ポータブルオーディオを中心に情報・レビューを発信しています。 特にFIIO製品に関する情報は専門的かつ最新・最速を目指しています。そしてFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品のほとんどを購入し、レビューを行なっております。

関連記事