当ブログでは広告を使用しております。

FIIO K9 AKM 最新情報 〜K9(ESS)との比較も

K9akm

本記事では広告を使用しております。

FIIO K9AKMがWeiboで情報解禁されました。本記事ではその内容を日本語に意訳してお届けします。またスペック面でK9のESS版との比較も行っています。なお、日本での発売も1月19日に決定しました。

tipsFIIO K9AKMは現存モデルのK9(ES9068AS)のAKMチップバージョンです。具体的にはDACチップがAK4191EQ+AK4499EX構成となっています。直近のモデルではQ15と同じDAC構成です。ただし、K9 AKMではQ15と異なり、アンプ回路にTHX AAA788+が採用されています。DAC構成が異なることでK9 ESS版とは異なるサウンド傾向を楽しめるモデルとなっています。またデスクトップシリーズの中ではK7以来のAKMモデルです。

K9 AKM 発売日・価格

発売日:1月19日(中国:2023年12月15日) 価格:89,100円前後(3299元)

販売ページ:Amazon / eイヤホン

ES9068AS搭載のK9 ESS版は2999元でしたので、K9 AKMはK9 ESS版に対して、約10%高くなりました。日本ではK9 ESS版は2023年12月時点で約8万円です。日本でも中国価格同様、単純に10%の値上げとなれば、約9万円前後の価格と予想しています。現在、円安の影響を受け、代理店では値上げに動いていますので日本発売まで心配ですね。(追記)事前の予想通り、約9万円となりました。海外との値幅はK9シリーズでは同様です。

K9 AKM スペックなど

販売情報が出ましたので、K9 ESSモデルとの比較できるようスペック表を更新しました。

ブランドFIIOFIIO
モデルK9 AKMK9 ESS
価格3,299元2,999元
(日本約8万円)
DACAK4191EQ+AK4499EXESS9068AS*2
アンプ回路THX AAA 788+同左
BTチップQCC5124同左
BTコーデックAAC/SBC/APTX/LDAC/
Aptx HD/APTX LL /Aptx adaptive
同左
BTによるアップデートOTAWindows OS + OTA
アップデートWindows OSWindows OS
入力USBタイプC/タイプB、
OPT、同軸、Bluetooth
RCA/4.4mm
タイプB
OPT、同軸、Bluetooth
RCA/4.4mm
出力6.35/4.4mm
XLR-4pin、XLR、RCA
同左
DACフィルター6種類3種類
最大サンプルレート768K/32bit/DSD512同左
LO 最大出力≧1,500mW@32Ω
≧200mW@300Ω
同左
PO 最大出力≧2,000mW@32Ω
≧780mW@300Ω
同左
LO S/N比SE:≧123dB
BAL:≧128dB
SE:≧119dB
BAL:≧124dB
PO S/N比SE:≧126.5dB
BAL:≧122dB
SE:≧124dB
BAL:≧119dB
LO ノイズフロアSE:<1.8μV
BAL:<1.8μV
SE:<2.9μV
BAL:<3.1μV
PO ノイズフロアSE:<3μV
BAL:<5.7μV
SE:<4.8μV
BAL:<7.1μV
その他上記以外はK9 ESSと共通
54736422f5162b672fdaf2a9e8898a16
広告

K9 AKM特長など

AKMフラグシップDAC搭載

K9 AKM

K9 AKMは、AKMの新しいフラッグシップDACコンビネーションであるAK4191EQ+AK4499EXを採用し、新設計技術によるデジタル/アナログ完全分離構造と、新開発の「DWA ROUTINGテクノロジー」を採用し、K9 ESSよりも高いS/N比を実現しました。オリジナルに比べ、ボトムノイズの抑制能力が向上し、よりリアルで繊細かつ自然な音の伝達と、輝くような「芯」のあるサウンドを実現しました。

USB-C入力端子の追加

K9AKM

K9 AKMは、同軸/光/Type-B/4.4/RCA入力、6.35/4.4mm/XLR-4/RCA/XLR出力を含むESSバージョンの豊富な入出力インターフェースを保持するだけでなく、新しいインターフェースも追加します。機体の右側に Type-C 入力インターフェースがあり、誰でも Type-C インターフェースを介してスマートホン、DAPなどのプレーヤー、その他のデバイスを直接接続するのに便利です。

フラグシップ同等のオーディオアーキテクチャ、最大2,000mW出力

K9AKM

K9 AKM には、フラグシップモデルK9 Proの THX AAA 788+アンプテクノロジーも搭載されており、出力は 300Ω負荷時はチャンネルあたり780mW出力、 32Ω負荷時には最大2000mWに達し、ローインピーダンスまたはハイインピーダンスのヘッドフォンでも余裕で対応できます。

K9AKM

さらにK9 Proの6段階オーディオアーキテクチャを採用し、フルバランス駆動を実現しており、DACのデコード、ボリューム調整からヘッドフォンアンプの駆動に至るまで、すべて完全差動信号処理により、クロストークやノイズを大幅に低減します。本来の味わいとサウンド体験をお届けします。

以上、K9 AKMの最新情報でした。

余談で、FIIOのデスクトップシリーズは次世代機以降から製品グレードを表す番号の付け直しが行われるようです。詳しくは次のとおりに変更されると正式ではないものの、WeiboのFIIO公式から発表されました。なお、K11はすでに新しいグレードとして付けられています。そして現存モデルのE10とK3は含まれていませんでした。またK9PROのさらに上位機の構想があることが判明しました。

既存モデル次世代機
K5K11
K7K13
K9K15
K9PROK17
K19
最後までご覧いただき誠にありがとうございます。この記事が参考になったよという方はぜひフォローをお願い致します。

このブログではFIIO製品の最新情報・最速レビューを中心に記事を書いています。その他ライフスタイルDXをコンセプトにオーディオ、PS5、DIY/ジャンク修理などの役立つ情報発信しています。またツイッターではブログ記事にはない最新情報もツイートしています。 

EARL

EARLFIIOファン

FIIO製品を中心としたオーディオ情報を発信しています。FIIO製品は専門的に最新情報を最速でお届けすることを目指しています。当ブログではFIIOのイヤホンの全ておよび2022年以降の新製品の多くを購入し、レビューを行なっております。

関連記事